プロが教えるテクニック Beauty & Health

夏の紫外線から、未来の肌を守る!?知っているようで知らない「紫外線ケア」

気温も上昇すると共に、日焼け止めなしでは外出もままならない季節です。
でも、紫外線ケアって日焼け止め塗ったらOK?知っているようで知らない「紫外線」
正しい知識で、この夏の紫外線から未来の肌を守りましょう。

紫外線って、そもそもどんなもの??

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、
目に見えない赤外線、紫外線があります。
紫外線は、その中で最も波長の短い光のことをいい、
波長によってUVA・UVB・UVCにわかれます。

UVA(紫外線A波)

波長が長く太陽光線のうち約90%を占める紫外線です。
波長が長いため天候に左右されず年間を通して地表へ到達します。
表皮層にある基底層から真皮層まで達し、色素を酸化させ真皮の繊維を傷め、シミやシワの原因を作ります。

【UVAが多く見られる時期】
 5月頃から最も紫外線量が多いとされ、UVBと比べると天候に左右されないため紫外線量の変動は基本的にあまりありません。

UVB(紫外線B波)

地表への線量は全体のわずか10%程の紫外線です。ただし影響力が大変強く、皮膚に対する刺激が強いです。
 皮膚に対する刺激はやや強く、赤い炎症を伴う日焼けやシミ・シワ、乾燥肌などの肌の老化を進める原因となります。

【UVBが多く見られる時期】
 3月〜9月の春から秋にかけて強く降り注ぎます。特に真夏の7月〜8月に紫外線量は、真冬の紫外線量の約5倍増えるといわれます

UVC(紫外線C波)

地球を取り巻くオゾン層で散乱、または吸収され地表には到達しないといわれていますが、オゾン層が破壊されると地上に達することになります。重度の熱傷状態を起こしたり、皮膚がんになります。

TPOで変わる紫外線量

紫外線は、「一日の中の時間」「場所」「天候」によって違います。
毎日同じように日焼け止めクリームをつけているからといって安心ではありません。
TPOにより、紫外線ケアをしないと「あれ!?日焼けしている!?」ということになるかもしれません。

紫外線とビタミンD

「紫外線』と聞くと、悪いイメージばかりが浮かぶかもしれませんが、私たちの健康に欠かせない「ビタミンD」を摂取することができることを覚えておきましょう。

ビタミンD

ビタミンDは、「食事から摂る方法」と「太陽の光を浴びて摂る方法」があります。
太陽の光を浴びると、体内のコレステロールが変化し、「活性型ビタミンD」に作り替えられます。
これが主に肝臓に蓄えられて、体内で使われることになります。
活性型ビタミンDは、健康な歯や骨を作るカルシウムの吸収を高めたり、血液中のカルシウム濃度を高めたりして体をサポートしています。最近では、ビタミンDは免疫を強化する可能性が示唆されています。

紫外線対策ケア

紫外線量が多い夏から、肌を守るためにシーンに合わせたアイテムで正しくケアしましょう!

日焼け止め

肌を守るには、日焼け止めが有効です。特に服から露出している部分は紫外線を直に浴びるため保護するものとして使用しましょう。正しい使用量と、塗りムラなく十分に塗布します。重ね塗りをすることで、塗り忘れ部分やムラもなくなります。

外出時

外出する際には、肌を守るものを身に着けることもおすすめです。
肌を露出していなくても、紫外線の影響を受けてしまうこともあります。
UV加工がされたさまざまなアイテムを、活用してみましょう。

紫外線による影響は、夏の終わりにやってきます!
今からしっかりと紫外線対策し、自分の肌を守りましょう!
関連商品
  • 夏の紫外線から、未来の肌を守る!?知っているようで知らない「紫外線ケア」
  •     
友だち追加数