プロが教えるテクニック Beauty & Health

乾燥だけじゃない!唇のダメージ!

乾燥してくると気になる『唇の荒れ』。原因は、乾燥だけじゃありません!
今回は、荒れの原因とお手入れ方法をご紹介します♪

<意外と知らない唇の荒れの原因>

乾燥してきたから唇が荒れる!?
それだけではない、主な原因を理解しましょう。

【唇の構造】
唇の皮膚は、頬や額の皮膚にある「脂がでる皮脂腺」と「汗(水分)がでる汗腺」がありません。
そして、薄い粘膜で守られているため水分不足になりがちです。
それに加え、紫外線に対する防御もなく無防備な状態です。
ダメージを受けやすい唇は、デリケートな部分ということを理解しておきましょう。

乾燥

ゝげ
気温が下がり湿度が低いと影響を受けやすく、カサカサしやすい状態になります。
唇の構造上、乾燥しやすいです。

口呼吸
口をあけたまま呼吸をすると、空気を吸う・吐く時に常に空気が唇に触れる状態です。
風を頻繁にあてているため乾燥しやすくなります。

唇を舐める
唇を舐める癖や、飲み物を口にするとき口周りを濡らす方は注意です!
唾液が蒸発する際に、わずかな唇の水分を一緒に奪ってしまっています。洗い物をよくすると荒れるのと一緒で、濡れて乾くを何度も繰り返すことで乾燥を引き起こします。

摩擦

ティッシュやタオル、ハンカチなどでゴシゴシ擦ると皮膚を傷つけ、剥がれやすくなります。
食事後など強い摩擦で擦るのは避けましょう。

洗浄・汚れ

唇はとてもデリケートな部分のため、洗浄力が強い刺激は皮膚を傷つけてしまいます。
口紅やグロスなどメイクをオフする際には、クレンジングでやさしく行い、つけてない時は唇に触れないようにしましょう。
ウォータープルーフ効果の口紅を落とす際も、過剰な摩擦や洗浄を避けましょう。

体調不良

暴飲暴食をした時、ストレスがある時に胃腸に負担がかかり、唇が荒れてしまうことがあります。
乾燥だけでなく、吹き出物や口端が切れるなど症状は様々ですが、胃腸の状態が唇に表れるといわれます。

食生活の乱れ

胃腸の状態が唇に表れるということは、食事が影響しています。
特に皮膚や粘膜に必要なビタミンB群、ビタミンCが不足すると唇だけではなく顔全体にも吹き出物などのトラブルが表れます。体を作るために必要な栄養(食事)は、バランス良く摂る事が必要です。

<お手入れ方法>

リップクリーム

乾燥したら直ぐに、リップクリームを塗る方も多いと思います。
荒れを防ぐためにも必需品として持ち歩きましょう。
特にこの時期、湿度が低く暖房器具により乾燥しやすいため寝る前にも塗ってからお休みください。

リップパック

リップを付けても直ぐに乾燥している気がする・・・と思う方に最適です。
リップを少し多めに付け、ラップで唇が覆います。
顔にパックを行うのと一緒で、ラップをすることで浸透性を高めます。
ご自宅で簡単にできる応急5分パックです。

この冬は唇も保湿ケアをしっかりし、乾燥知らずのぷっくり唇になりましょう♪
関連商品
  • 乾燥だけじゃない!唇のダメージ!
  •     
友だち追加数