お知らせ詳細

乾燥は美肌の大敵!トラブルに負けない保湿ケア

寒さと乾燥による肌へのダメージが心配な季節となりました。
冬になり空気はどんどん乾燥していくので、肌は慢性的に乾燥状態になることも・・・

冷たい空気に触れたお肌をそのままにしていませんか?
気温・湿度の低下により潤いは逃げやすく、肌は乾燥しやすくなります。
乾燥がすすむと、化粧のりが悪い、粉ふき、皮むけ、シワといったトラブルにつながります。

まだまだ気温も湿度も低くなる季節。乾燥肌について知り、健康でトラブルに負けないお肌を目指しましょう。

乾燥肌とは?

乾燥肌は、「水分を保持する力が低下し、肌の潤いが保たれていない状態」のことです。

肌の表面の「角質層」という細胞の層には、約15〜20%の水分が保たれています。
角質層が剥がれるのを防いでいるのは、皮脂膜・細胞間脂質(セラミド)・天然保湿因子(NMF)です。
皮脂膜が、角質層内にあるセラミドとNMFが保持している水分を
‐発しないよう防ぐ
∋╋櫃覆匹進入しないように防ぐ
衝撃や刺激から守る
これによって角質が剥がれるのを防いでいます。

しかし、乾燥肌の表面は、角質層が剥がれたり溝ができていたりと、異変がおきているため、水分が保持できない状態になっています。
肌本来の働きができていないと、化粧水やパックで水分を補給し一時的に回復しても、すぐに乾燥してしまいます。
そして、かゆみ・シワ・シミ・くすみなど様々なトラブルを引き起こす原因となります。

改善方法

肌の水分保持を高めるには、毎日の習慣が大切です。

●正しいスキンケア・・・保湿タイプの化粧品選びや、十分な使用量
●睡眠・・・質の良い睡眠と、肌の回復時間である夜10時〜2時に睡眠をとる
●食生活・・・タンパク質、ミネラル、ビタミンA・E・Cを摂取
●運動・・・汗をかくことで皮脂膜形成へ

できることから習慣にし、乾燥肌を改善していきましょう。

乾燥肌を改善する正しいスキンケア

スキンケアの前に

●洗顔はぬるま湯
水の温度が高いと、すぐに蒸発してしまいまい、乾燥の原因になります。真水では肌の汚れが浮きあがらないため、【ぬるま湯】が一番、肌の負担にもなりません。

>> ナチュラルグリーン

どんな肌にもご使用いただけるオールスキンタイプ。
贅沢な美肌成分にクロロフィルを配合した自然派美容石鹸は、ふんわりきめ細やかな泡でスッキリつるつる肌に。

●スチームタオル
化粧水の浸透を高めるためにスチームタオルをあてましょう。
温かさで血行が促進され、蒸気の力で肌を軟化する効果があります。

※水で濡らしたタオルを電子レンジで1分温めるとスチームタオルができます。

 (歇照容液

気になるトラブル箇所に直接、手で塗布しましょう。
お顔全体に塗布する場合は、化粧水と混ぜてもOK!

>> エンリッチドPTエッセンスM(保湿)

3種類の優れたエイジングケア成分と、Wコラーゲン、Wヒアルロン酸など6種類の厳選した保湿成分が、乾燥したお肌に潤いとハリを与え、肌荒れを防ぎます。
極上のアンチエイジング&保湿美容液は乾燥やシワでお悩みの方にお勧め。

◆(歇床従竸

手の平に適量をとり、お顔全体になじませます。お肌にツッパリ感がなくなる量がベストです。
特に、目の周りはお顔の中でも皮膚が薄く乾燥が目立つ箇所です。
指腹で丁寧にケアを!

>> エッセンスローション

肌の水分保持力のアップと同時に新陳代謝も促進させる、保湿力に非常に優れた化粧水。
とろみのあるゲル化粧水は乾燥でお悩みの方はもちろん、真冬の乾燥にも手放せなくなる心地よさです。

 保湿クリーム

お顔全体にのばしよくなじませます。クリームは化粧水(水分)を肌内部に閉じ込める蓋の役割があります。

>> エンリッチドCEクリーム

2種類のセラミドがお肌のバリア機能をダイレクトに補い、潤う弾力肌をすぐに実感!
お肌の乾燥・荒れを防ぎ、皮膚のバリア機能を強化し、お肌の潤いを長時間キープさせる贅沢なエイジングケア保湿クリームです。

★ポイント

●化粧水は、手で塗布!
コットンを使用して化粧水を塗布すると、摩擦により肌に負担がかかります。
ダメージにもなるので乾燥肌時は、手で優しく塗布しましょう。

●ハンドプレス
化粧水やクリームなどを塗布した後、手の平で顔を押さえてなじませます。


乾燥している肌はとても敏感です。
お肌にダメージを与えないスキンケアを心がけましょう。

保湿ケアおすすめアイテム
  • 乾燥は美肌の大敵!トラブルに負けない保湿ケア
  • 乾燥は美肌の大敵!トラブルに負けない保湿ケア
  • 乾燥は美肌の大敵!トラブルに負けない保湿ケア
  • 乾燥は美肌の大敵!トラブルに負けない保湿ケア
  •  
友だち追加数