コラム Beauty & Health

【春からが勝負!】エイジングケアは、紫外線対策から

紫外線対策は「日差しが強くなる夏から」と思っていませんか?

実は紫外線は春から急増しているため、紫外線対策は「春」からが勝負です!

今回は、紫外線対策が重要な理由と対策ポイントについてご紹介します。

紫外線とは?

太陽の光には、目で見ることができる光「可視光線」と、目で見ることができない「赤外線」「紫外線」があります。

紫外線は波長によって、A、B、Cの3つに分けられます。

UV-Cは、空気中の酸素分子とオゾン層で完全にさえぎられて地表には届きません。

UV-Bは、空気中の酸素分子とオゾン層で吸収されるが、一部は地表に到達します。

UV-Aは、物質を透過しやすく雲などの影響を受けず、地表へ到達します。

紫外線が肌に及ぼす影響

UVAの肌への影響

太陽から届く紫外線の約9割を占め、曇りや窓ガラスなども通過し肌へ届きます。

室内や日常生活で浴びることから「生活紫外線」と呼ばれています。

波長が長いUV-Aは、肌の奥にある真皮層にまで侵入し蓄積的なダメージを与え、特に真皮層にあるコラーゲンを破壊し、ハリや弾力を失わせます。

また、すでにできているメラニン色素(シミ)を酸化させ、さらに黒く変色させます。

UVBの肌への影響

太陽から届く紫外線の量は弱いのですが、肌への作用はとても強く外での活動時に肌に届きます。

スポーツや外出などの野外で日焼けの原因なため、「レジャー紫外線」と呼ばれています。

波長が短いUV-Bは、短時間でも炎症や乾燥をもたらし、シミやそばかすなどの原因であるメラニンの生成を活性化させます。

また作用が強いため、肌表面の細胞を傷つけてしまう恐れがあります。

UVケアはいつから始めるべき?

紫外線は、夏だけではなく一年中降り注いでいます。

特に気を付けたいのが、紫外線量が増え始める3月~4月。

まだ夏前だと油断している人も多く、UVケアをせずに外出すると、数年後にシワやシミなどの深い悩みに進展してしまう可能性があります。

UVケアは1年中行うことを基本に、3月から10月ごろまでは徹底した対策を意識することが大切です。

紫外線対策のポイント

紫外線防止効果のあるアイテムを使用することはもちろん大切ですが、水分不足の乾燥した肌ではその効果は半減してしまいます。

肌の水分量が少ないと、紫外線やほこりといった外的刺激から肌を守る「バリア機能」が衰えてしまいます。

そのため、日焼け止めなどで外側からのケアを強化しても、紫外線から肌を守るには不十分なのです。

より効果的な紫外線対策のためには、「保湿」を意識しましょう。

肌にうるおいを与える「天然ゲル」

天然ゲルは、エミュアールの美肌づくりの鍵を握る大事な成分です。

自然界にある粘質のことで、例えば海で言えば海藻類、植物でいえばアロエなどに含まれる、ぷるんとみずみずしい感触のものです。

肌細胞(細胞間脂質)とよく似た働きをするため、大量の水分を抱え込みながら肌に浸透します。

角質層の隙間がたっぷりの水分で満たされると、肌のバリア機能も高まり、きめ細かくハリのある健康な素肌を保つことができます。

天然ゲル

24時間うるおい続ける【天然ゲルのスキンケア】

エミュアールのアイテムは、スキンケアにはもちろんファンデーションにも天然ゲルをはじめとした美容成分・保湿成分を贅沢に配合。

寝ている間はもちろん、昼間もメイクしながらスキンケア。

24時間うるおいを与え続けることで、肌トラブルを未然に防ぎ、みずみずしくハリのある肌へと導きます。

トライアルセット
トライアルセット
トライアルセット
トライアルセット

▼特設ページを見る

トライアルセット
新着コラム

コラム一覧に戻る

素肌24時間、前向き。

  • 昼はメイクでスキンケア
  • 朝と夜は肌にとろける潤いを
  • エイジングケア

お得な会員5大特典

無料会員登録はこちら

ご利用ガイド

よくある質問

  • お得で便利な定期便
  • 初回限定お試しセット
  • 子育て支援サービス
  • お友達紹介
  • スキンケアサロンエミュアール